安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のク 
リニック一覧
TOP » 高濃度ビタミンC点滴のがん治療以外の効果

高濃度ビタミンC点滴のがん治療以外の効果

このページでは、高濃度ビタミンC点滴の医療効果をまとめてご紹介します。

高濃度ビタミンC点滴の医療効果

血管の静脈内に高濃度ビタミンCを点滴することにより、身体の内側からさまざまな効果を得ることができる治療法—これが高濃度ビタミンC点滴です。サプリメントをはじめとする内服での摂取とでは、比較にならない高濃度な状態のビタミンCが摂取でき、しかも体内の血中濃度が急激に高まることで、活性酸素を無毒化します。つまり、高濃度ビタミンC点滴では、確実な抗酸化作用が得られるのです。

この抗酸化作用により、ガン予防や治療、アトピーの改善、乾燥肌の改善で保水力のアップや、免疫力アップなど、生活習慣病にも効果があるとされています。もちろん、その即効性は抜群です。

また、ひどく疲れていて疲れが全くとれない方や、ニキビができやすい方、アトピーやアレルギーなどで肌の状態が不安定な方、冷え性の方、あるいは肩こりや腰痛のひどい方にもおススメできる治療法だと思います。

高濃度ビタミンC点滴は即効性もありますが、定期的になおかつ継続的に行なうほうが、効果が持続すると言われています。ですから、高濃度ビタミンCの点滴をはじめるとしたら、できるだけ長く続けるといいでしょう。また点滴の量は、徐々に増やすことが肝心のようです。

ちなみに、ほとんどの動物は体内でビタミンCを合成できますが、人間やサル、モルモット、オオコウモリだけは例外で、ビタミンCを合成できません。そのため、体外から補うしか方法がありません。健康維持のためであっても、1日1~5gのビタミンCが必要と言われていますから、美容や免疫力アップを目的とする場合はさらに多くの量のビタミンCが必要になります。そうした意味でも、点滴によって高濃度かつ大量のビタミンCを取り込める点滴療法は、最適の治療法だと言えるでしょう。

高濃度ビタミンC点滴の美容効果

女性であれば、シミやシワをつくりたくないものです。そのため、エステやシミや小ジワでお悩みの女性の多くは、エステや美容クリニックに通ったり、あるいは高価なコラーゲン入りクリームや化粧品にお金をかけたりしている方も多いのではないでしょうか。

けれども高価なコラーゲンクリームをいくら塗っても、コラーゲンは皮膚内には浸透していかないものだそうです。肌の外からでは、効果も乏しいわけです。

やはり体内からの摂取が大切なのです。まずは、美肌の材料となるアミノ酸・ビタミン・ミネラルなどをしっかり食品から摂り、肌細胞に必要な栄養素を届けてあげることがアンチエイジングへの近道ではないでしょうか。

まずは、不足している栄養素を調べる必要があります。血液検査で、栄養素を分析してみるのもよいでしょう。むやみにサプリメントを飲んでも、効果ありません。不足している栄養素を体内に入れてこそ、意味があるのです。

この栄養バランスのとれた食事に、高濃度ビタミンC点滴を併用すると、よりいっそうの美肌効果が得られます。一般的に1日のビタミンC必要最低摂取量は100mg。さまざまな研究からわかったことですが、 美しさを維持していくには、この必要最低摂取量の約10~50倍以上もの量が必要だと言われているそうです。

しかしこれを食品で摂取するのは、どう考えても大変。これをビタミンC点滴で補おうと思えば、不可能ではないはずです。血液内のビタミンCの濃度は、サプリメントでビタミンCを摂取したときと高濃度ビタミンCを点滴したときでは、約20~50倍違うと言われています。しかも一回の点滴でレモン1250個分のビタミンCが補給できるらしいです。これは驚きですよね!

美容分野の活用例

ビタミンCと言えば昔から美白効果があると言われています。高濃度ビタミンC点滴が美容分野でどのように使われているのでしょうか。

アンチエイジング効果の口コミ

実際に高濃度ビタミンC点滴を美容のために受けた人はどのような感想を持っているのでしょうか。

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧