安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のク 
リニック一覧
TOP » がん治療と緩和ケア

がん治療と緩和ケア

国立がん研究センターによると、2015年のがん罹患者数は989万人、そのうちがんで死亡した人は370万人に及ぶそうです。死亡数は、1年で4千人増加したことが明らかになっています。実は、ほかの先進国ではがんで死亡する人の数は年々減っています。それにも関わらず、日本は唯一、がんで死亡する人が増え続けているのです。これは、日本ががん検診の受診率が低いことが関係していると言われています。

もう一つの違いは、治療法にもあります。三大治療を見直したアメリカは死亡率が減少したのに対し、日本はまだまだ三大治療が主流であるという傾向にあります。抗がん剤は結果も出ている治療ですし、決して悪い治療ではありません。しかし、患者のQOLを下げる側面を持っていることも確かです。治療の良い点、悪い点をそれぞれ理解した上で治療を選ぶことが大切だと言えます。

がん患者が増えている今、重視されていること

がん治療は、今や数多くの選択肢が存在する時代です。医師によっても見解が分かれ、提案する治療法も異なります。そんな時代だからこそ、患者自身も「がん治療」について知識を蓄え、納得できる治療を自分で選ぶくらいの覚悟が必要です。

一方で、以前は「がんと闘う」と言われていましたが、今では「がんを受け入れ、共生する」という考え方も広まってきています。決して治療を諦めるのではなく、がんや治療の痛みと闘うのではなく、痛みをできるだけ軽減し、生活の質を保ちながら治療を進めるという考え方です。がんという病気だけにスポットをあてるのではなく、一人の人間としての生き方を尊重した治療を行うべきだと言われています。そのため、患者の苦痛を和らげる緩和ケアも注目されています。

以下では、がん治療を受ける方はもちろん、そのご家族の方にも役立つようながん治療の情報を取り上げてご紹介しています。治療で後悔しないためにも、ぜひご一読ください。

がんの標準治療について

手術・抗がん剤・放射線治療などの標準治療について解説。メリット・デメリットを客観的にまとめました。

標準治療とは何なのか?というと、これは手術・抗がん剤・放射線治療の3つを基本としたもののこと。最も広く使われていて、安全性や根拠もしっかりしています。

この中には、いわゆる「先進医療」と呼ばれるものは含まれません。ただ、先進医療の中にもまだは標準治療というには根拠や安全性の確認が足りていないだけで、将来的には標準治療に分類されるものもあるかもしれません。

標準治療は保険によって3割負担で治療ができるのも大きなメリットです。一方で先進医療の場合は保険が適用されないため、治療費がどうしても高額になってしまいます。がんの治療は長期に及ぶこともあるため、治療費の問題についてはきちんと考えていかなければならないでしょう。

抗がん剤の副作用と緩和ケア

抗がん剤治療中の副作用や緩和ケアのあり方についてご説明します。自分らしさを失わずにがん治療に向きあうための心構えもご参考ください。

抗がん剤を用いた治療は標準治療の一種であり頻繁に行われていますが、副作用を伴います。これは、抗がん剤に正常な細胞も攻撃する働きがあるからです。

そのため、脱毛や吐き気、免疫力の低下などが現れます。がん治療において特に大変と言われているのがこの副作用の問題なので、がん患者の方はご家族のサポートも受けながら、抗癌剤の副作用と向き合っていかなければなりません。

そのために役立ってくれるのが緩和ケアです。がんの痛みやつらさを我慢するのではなく、緩和ケアで適切なケアを受けましょう。緩和ケアを受けることによって生活の質を上げることも不可能ではないので、積極的に利用してみてはどうでしょうか。

こちらでも「患者さんらしさ」を大切にするのが緩和ケアと紹介されています。

参考:(PDF)国立がん研究センターがん情報サービス:がんの療養と緩和ケア[PDF]

がんの治療法は自分で選ぶ

納得のいく治療を見つけるためには、まず治療法を知ることが大切です。ここでは、三大療法から先進医療まで、がん治療の手法や特徴を解説します。

基本となる治療法は手術、抗がん剤、放射線療法の3つです。しかし、免疫療法やホルモン療法など他に選択できる治療法があるのです。医師の選択肢も多いため、治療について確認した際に、医師が提案する内容に納得できない…と感じることもあるかもしれません。

もちろん、専門的な知識を持って最適な方法を選択してくれているはずですが、どうしても納得できない場合は家族とも相談しながら自分自身にとって最も適している治療法を検討してみてはどうでしょうか。

それぞれの治療法にはメリットもあればデメリットもあります。費用の問題なども関係してくるので、そういった点も踏まえて検討してみましょう。

がん患者に必要なのはQOLの向上

がん治療において、QOLを高めることでどのような恩恵が得られるのか?また、QOLの向上に推奨されている治療法についてご紹介します。

QOLとは、「クオリティ オブ ライフ」のこと。これは、生活の質を向上させるといった意味を持っています。がんになると制限されることや我慢しなければならないことも多く、それに加えて痛みや辛さも発生するため、日常生活に支障が出ることも少なくありません。

しかし、QOLの向上ができればがんを発症する前と全く同じとまではいきませんが、日常生活の中で自分らしい生活を送っていくことができるようになるでしょう。

例えば、ビタミンCは高い抗酸化作用があり、がんに対して有効であるだけでなく、痛みの緩和効果が認められています。こういったものをうまく活用し、がんになっても自分らしく生活できるように治療に挑んでみましょう。

参考:(PDF)日本癌和医療学会:高濃度ビタミンC点滴療法[PDF]

がん患者の家族ができること

家族が「がん」と診断されたとき、どのようなサポートが必要となってくるのでしょうか。がん患者を支える家族側の心の持ち方や、サポートのしかた、またがんになる前に準備しておくべきことなどをまとめました。

大切な家族ががんになるとどうしても気持ちが落ち込んでしまいますが、家族以上に本人はとても不安な気持ちを抱えています。家族の支えがなくてはその気持ちを抑えきれないかもしれません。

家族が落ち込み過ぎるのもカラ元気もよくないので、普段通りに接しましょう。

時には不安から理不尽な態度を取られたり、心無い言葉をかけられてしまうこともあるかもしれません。反対に支えるストレスから自分がそのような態度をとってしまうこともあるでしょう。

大切なのは支える側ががんばりすぎないということ。患者側に向けた様々な書籍なども出ているので、どのような気持ちでいればいいのか全くわからない場合はそういったものも参考にしてみましょう。

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧