安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のク 
リニック一覧
TOP » がん治療と緩和ケア

がん治療と緩和ケア

国立がん研究センターによると、2015年のがん罹患者数は989万人、そのうちがんで死亡した人は370万人に及ぶそうです。死亡数は、1年で4千人増加したことが明らかになっています。実は、ほかの先進国ではがんで死亡する人の数は年々減っています。それにも関わらず、日本は唯一、がんで死亡する人が増え続けているのです。これは、日本ががん検診の受診率が低いことが関係していると言われています。

もう一つの違いは、治療法にもあります。三大治療を見直したアメリカは死亡率が減少したのに対し、日本はまだまだ三大治療が主流であるという傾向にあります。抗がん剤は結果も出ている治療ですし、決して悪い治療ではありません。しかし、患者のQOLを下げる側面を持っていることも確かです。治療の良い点、悪い点をそれぞれ理解した上で治療を選ぶことが大切だと言えます。

がん患者が増えている今、重視されていること

がん治療は、今や数多くの選択肢が存在する時代です。医師によっても見解が分かれ、提案する治療法も異なります。そんな時代だからこそ、患者自身も「がん治療」について知識を蓄え、納得できる治療を自分で選ぶくらいの覚悟が必要です。

一方で、以前は「がんと闘う」と言われていましたが、今では「がんを受け入れ、共生する」という考え方も広まってきています。決して治療を諦めるのではなく、がんや治療の痛みと闘うのではなく、痛みをできるだけ軽減し、生活の質を保ちながら治療を進めるという考え方です。がんという病気だけにスポットをあてるのではなく、一人の人間としての生き方を尊重した治療を行うべきだと言われています。そのため、患者の苦痛を和らげる緩和ケアも注目されています。

以下では、がん治療を受ける方はもちろん、そのご家族の方にも役立つようながん治療の情報を取り上げてご紹介しています。治療で後悔しないためにも、ぜひご一読ください。

がんの標準治療について

手術・抗がん剤・放射線治療などの標準治療について解説。メリット・デメリットを客観的にまとめました。

抗がん剤の副作用と緩和ケア

抗がん剤治療中の副作用や緩和ケアのあり方についてご説明します。自分らしさを失わずにがん治療に向きあうための心構えもご参考ください。

がんの治療法は自分で選ぶ

納得のいく治療を見つけるためには、まず治療法を知ることが大切です。ここでは、三大療法から先進医療まで、がん治療の手法や特徴を解説します。

がん患者に必要なのはQOLの向上

がん治療において、QOLを高めることでどのような恩恵が得られるのか?また、QOLの向上に推奨されている治療法についてご紹介します。

がん患者の家族ができること

家族が「がん」と診断されたとき、どのようなサポートが必要となってくるのでしょうか。がん患者を支える家族側の心の持ち方や、サポートのしかた、またがんになる前に準備しておくべきことなどをまとめました。

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧