安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のク 
リニック一覧
TOP » がん治療と緩和ケア » がん患者の家族やパートナーができること

がん患者の家族やパートナーができること

がん患者の家族やパートナーができる緩和ケア

がん患者の気持ちに耳を傾け話をよく聞く

家族ががんになっても、支える側の家族は落ち込みすぎてはいけません。しかし、カラ元気に振る舞うこともよくありません。まずは、がん患者に対して普段と変わらない様子で接することが大切です。

その中で、がん患者の不安な気持ちや、辛い胸の内を真剣に聞いてあげてください。不安や辛い感情のネガティブな感情を否定することなく受け止めてあげることが重要です。

「今日の体調はどう?」など体調を気遣った日々の声掛けを実施し、がん患者が不安や辛さを言い出しやすい雰囲気をつくることも大切です。

がん患者へ愛と思いやりを伝える

がん患者は、日々不安と戦って孤独を感じやすい傾向にあります。家族がしっかりと愛情を持って寄り添うことで、「家族のために生きよと
行動で示すことによって、一人で闘っているがん患者の気持ちの負担を軽減することができます。

支える側が頑張りすぎない

家族ががんと診断された場合、支える側の家族は無理をしてでも助けたいと思うはずです。がんと診断されたがん患者の心労は大変大きなものですが、支える側の家族の精神的不安や労力も大きなものです。

がん患者のためにがんについて調べたり、がん患者の不安を受け止めたり、通院に付き添ったり、入院した場合は毎日お見舞いに行って容体を見たりと、支える側も心と体は疲弊します。支える側が無理をしすぎて心身を壊してしまっては元も子もありません。

しっかりと支えながらも無理はせず、頼れるところは病院やほかの家族と協力しながら自分の身体と相談しつつ支えていく必要があります。

ペットにも協力してもらう

これは動物が好きな人に当てはまるのですが、ペットを飼っている場合はペットに協力してもらうのも効果的です。「ペットセラピー」という緩和ケアがあるくらい、動物には人を癒やす力があります。

ペットとのスキンシップをとるように勧め、ペットとの時間をつくってあげてください。

さまざまな治療法を提案してみる

病院から提示された治療を淡々とこなすだけでなく、さまざまな視点から治療法を模索してみてください。近年では、高濃度ビタミンCを点滴する治療法もあり、がん治療に効果があるとされています。

東京では、高濃度ビタミンC点滴を受けられるクリニックが多数あるので検討してみてください。

がん患者の家族が気を付けること

過度に励まさない

がん患者の多くは、辛い治療や痛み、不安などから心身ともに疲弊しています。そんな中、「頑張って!」や「がんに勝とうね!」などの言葉を過度にかけてしまうと、心が追い詰められてしまいます。

がん患者に自分の感情をぶつけない

がん患者をサポートする家族やパートナーは、日々のサポートで疲れてしまい弱音を吐きたくなることもあるかとは思いますが、がん患者にはネガティブな感情をぶつけないように気を付けてください。

どうしても自分だけ抱え込むのはしんどい時は、ほかの家族や医師に相談してもいいです。あくまでがん患者に対してはポジティブに振る舞うことを心がけてください。

家族ががんになる前にできること

家族ががんになる前にできることのひとつに、がん保険に加入しておくという方法があります。がん治療は長期になることが多く、お金の不安はつきものです。保険に加入していればお金の心配が減り、治療法もたくさんの選択肢から選べることになります。

【参考】