安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のク 
リニック一覧
TOP » がん治療と緩和ケア » がん患者に必要なのはQOLの向上

がん患者に必要なのはQOLの向上

がん治療に必要なQOLとは?

近年、医療現場で重要視されている「QOL」。QOLとは“クオリティ オブ ライフ”を訳した言葉で、生活の質の改善を意味します。がん治療は、ほかの病気に比べて治療が長期化するため、このQOLが特に重要だと考えられ、QOLを向上させることが治療にも良い効果をもたらすと言われるようになってきました。

たとえ治療によって病気の進行が抑えられていても、がんや治療に伴う痛みが強ければ、日常生活には大きな支障が出ます。つまり、精神的に辛い状態が続く場合は、QOLが低い状態だと言えるのです。

また、肉体的な痛みだけでなく、病気や治療に対する不安やストレスもQOLを低下させます。従来のがん治療では、痛みや苦痛はある程度仕方ないとされてきましたが、近年はQOLを保ちながら治療に専念する方が、高い治療効果が得られることも分かってきています。そのため、がん治療の医療現場では、「できるだけ痛みや苦痛を和らげ、心に寄り添った治療」が求められるようになりました。もっと大きな意味では「一人ひとりの人生を尊重し、高めていくこと」と、捉えられるようになってきています。

実際にQOLを向上することで、仕事を続けたり、趣味に没頭したりする時間ができると生きる励みとなり、免疫力も高まると言われています。がん治療の予後にも少なからず、良い影響を与えるのです。

QOLを高めるがん治療~高濃度ビタミンC点滴をおすすめする理由~

がん患者のQOLを改善し、さらにがん細胞の縮小効果も期待できる治療法として注目を浴びているのが、高濃度ビタミンC点滴です。高濃度ビタミンC点滴は一部のがんを除く、すべてのがんに対して有効であることが分かっており、がんの痛みの緩和効果も認められています。これは、ビタミンCが持つ優れた抗酸化作用によるためです。

点滴療法研究会が行った調査によると、がん患者に高濃度ビタミンC点滴を投与した結果、「60%の患者に疲労感、痛み、不眠、食欲不振、便秘などの自覚症状が改善された」そうです。治療を受ける本人にとっても家族にとっても、QOLを保つのは大切なことです。がん治療を受ける方は、ぜひQOLを何よりも大切に考え、治療に臨んでいただければと思います。

がん患者のQOLを高めるためのクリニックを選びました。

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧