安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のク 
リニック一覧
TOP » がん治療と緩和ケア » 抗がん剤の副作用と緩和ケア

抗がん剤の副作用と緩和ケア

抗がん剤で副作用が起こる理由

がんの標準治療のひとつとして行われている抗がん剤治療。すでに皆さんご存知の通り、辛い副作用が伴う治療です。抗がん剤は、がん細胞を死滅させると同時に、正常な細胞まで攻撃してしまう、強い毒性を持っています。その副作用により、脱毛や吐き気、白血球の低下による免疫力の低下などの症状が現れます。がん治療は「壮絶な闘病」と表現されますが、その多くは抗がん剤による副作用があるからです。

抗がん剤の治療中は副作用で食欲がなくなったり、ひどい吐き気が起こったり、病気への不安から眠れなくなったりすることがあるかもしれません。抗がん剤の副作用を一度体験した方の中には「二度とあんな思いをしたくない」と、その後の治療を拒否する方もいます。治療途中であっても、やめてしまう方も少なくありません。こうした辛さを和らげるために、「緩和ケア」があります。

自分らしく過ごすために緩和ケアを取り入れる

緩和ケアは進行したがん患者に対して行われるイメージがありますが、がん患者の心や体の痛みをケアするという広い意味があり、がん発見後から治療中にも必要に応じて行われるべきものです。

がん患者には、我慢強い方や正義感の強い方が多く、「痛みが辛いのは仕方がないこと」だと受け止めてしまいがちです。しかし、辛さを我慢するのではなく、人に伝えることが苦痛の緩和につながります。がんの治療中であっても、自分らしさを失わず、できるだけ普段の生活を確保するためにも、緩和ケアをぜひ積極的に取り入れてみてください。

緩和ケアの種類

緩和ケアには、外来と在宅の二つがあります。痛みを和らげるための支援や、家族のケアも行います。緩和ケアを受け、担当医にも聞けない話を聞いてもらったり、悩みを聞いてもらったりすることで、がんに向き合える姿勢が変わったという方も少なくありません。がんになってもQOL(生活の質)を重視するために、緩和ケアを活用されることをおすすめします。

がん患者のQOLを高めるためのクリニックを選びました。

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧