安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のク 
リニック一覧
TOP » がん治療と緩和ケア » がんの標準治療について

がんの標準治療について

がんの標準治療とは?

がんの治療方針の話題では、「標準治療」という言葉が必ず登場します。現在、日本ではがんの標準治療は、手術・抗がん剤・放射線治療の3つが基本で、三大標準治療とも呼ばれています。科学的な根拠(エビデンス)があり、最も広く使われている一般的な治療法です。医学上では現時点での「ベストプラクティス(最高の選択)」であると定義されていますが、いわゆる先進医療とは異なります。標準治療は、臨床試験において効果や安全性が認められて初めて「標準治療」と位置づけられるため、治療法が見つかってからすでに時間が経過しているからです。ですから、今「先進医療」と呼ばれている治療も、数年後には「標準治療」になっている可能性も十分にあります。

標準治療には、さまざまな種類があり、がんの種類や病状によってふさわしい治療を選択していきます。基本的には標準治療であれば保険が適用されるので、3割負担となります。

がん標準治療のメリット・デメリット

標準治療を選ぶメリットは、効果や安全性、有効性が科学的に認められていることです。また、3割負担で治療できるため、治療費の負担が少ない点も魅力です。がんの治療法で真っ先に検討されるのは手術ですが、手術をする最大のメリットは根治が期待できる点です。手術によってがんの病巣と周辺の組織、リンパ節を切除し、他への転移が無ければ根治できる可能性は非常に高いと言えます。さらに、近年は抗がん剤や放射線療法が進歩し、ステージやがんの種類によっては手術と変わらない効果が認められています。体や臓器を切除せずに、治療できる可能性もあるのです。

一方、手術は取り残しのリスクを回避するために、健康な組織まで切除する必要があります。切除部位が広範囲になればなるほど患者の負担は大きくなりますし、回復するまでに時間もかかります。抗がん剤では副作用として、吐き気や免疫力の激減、脱毛などの症状が現れるため、心も体も大きな負担を伴います。さらに、治療を行ってもがんの幹細胞が残っている限り、がん細胞が増殖して再発する恐れもあります。

なぜ、がんになるのか

人の体は細胞でできています。正常な細胞の遺伝子が傷つくと、細胞分裂をする際に異常な細胞として変化し、分裂を繰り返すうちにがん化すると考えられています。がん細胞は正常な細胞に比べて成長のスピードが速く、ほかの臓器を侵食したり、湿潤したりしながらあらゆる場所に転移します。体内に炎症が起こると、その状況を利用して増殖する、非常に厄介な細胞です。がんの増殖を防ぐためには、がんの「幹細胞」を死滅させる必要があると言われています。

がん患者のQOLを高めるためのクリニックを選びました。

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧