安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のク 
リニック一覧
TOP » がん治療と緩和ケア » がんの治療法は自分で選ぶ

がんの治療法は自分で選ぶ

がん治療法の種類を解説

がんの治療は手術、抗がん剤、放射線療法の3つが柱となっています。この三大療法が有名ですが、この他にも免疫療法やホルモン療法など、さまざまな治療があります。昔は医師の言うことは絶対でしたが、今はがんに限らずどんな病気も一人の医師の考えを受け入れるのは危険です。治療法を自分で知り、自分の病気と生き方に合った治療を自分で選択する時代です。ぜひ、納得のいく治療を見つけてください。

外科手術

最初に検討されるのが外科手術です。基本的にはメスで切除可能な場合は、がん細胞を切除します。がん細胞は取り残しがあると、転移する可能性があるため、病巣だけでなくその周囲も含めて切除します。ステージが早い段階であれば、がん細胞が一か所にとどまっている可能性が高いため、手術をして切除をします。しかし、がんが広がり過ぎている場合は、手術をせずに終了してしまう場合もあります。

レーザー療法

内視鏡を用いてがん細胞を焼き切る治療法です。開腹する必要がないため、肉体的な負担が少なく済みます。

抗がん剤

化学療法とも呼ばれています。全身のがん細胞を攻撃する全身療法です。2017年現在、抗がん剤は100種類以上あり、経口投与と点滴の2種類あります。転移性のがんや、血液のがんに有効な治療法です。副作用として、脱毛、吐き気、嘔吐、食欲不振、白血球の減少などが起こります。

放射線療法

手術で切除しにくい場所にできたがんや、切除しきれなかった場合、局所的に放射線を照射してがんの成長を遅らせたり、死滅させたりする治療です。局所療法なので全身への影響が少なく、元の臓器を残したまま治療できるというメリットがありますが、周辺にある正常な細胞も影響を受けるので、後遺症が残る恐れもあります。

免疫療法

標準治療ではありませんが、近年注目されている治療法です。進行したがんや、術後の再発予防に優れた治療法で、本人の細胞を体外で大量に増やし、機能を増強してから再び体内に戻すことで、再発を防止します。副作用が極めて少なく、体への負担も軽いです。

その他のがん治療

陽子線治療

がんをピンポイントで照射し、がん細胞を死滅させる治療法。1日15~30分程度の治療を週3~5回行い、合計4~40回繰り返します。局所治療なので、副作用が少ないのが特徴です。ただし、治療費は250~300万円と高額です。

重粒子線治療

陽子線治療よりもさらに局所的な治療です。1回当たり15~30分の治療を週3~5回行い、合計1~40回繰り返します。副作用が少なく、痛みもないので体力が落ちている方でも適応可能です。治療費は約300万円と高額です。

温熱療法

がんが熱に弱いという性質を利用した治療法。体を高温に温めることで、がん細胞を弱体化させます。

ホルモン療法

ホルモンの影響を受けやすい乳がん、子宮がん、前立腺がんなどに使われます。がんの働きを促す、特定のホルモンの分泌を阻害し、がん細胞の成長を阻止します。

点滴療法

高濃度ビタミンC点滴など、がん細胞に効く成分を配合した薬剤を体内に直接取り込む治療法。標準治療ではありませんが、がん細胞の縮小や、免疫力増強効果などが報告されています。

がん患者のQOLを高めるためのクリニックを選びました。

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧