安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のク 
リニック一覧
TOP » 東京の高濃度ビタミンC点滴クリニック » ブルークリニック青山

ブルークリニック青山

ブルークリニック青山の治療方針

ブルークリニック青山は、西洋医学ではフォローしきれない様々なアプローチ方法を織り交ぜた、総合的ながん治療を提唱するクリニックです。進行がんや末期がんなど、西洋治療で効果が見込めない場合でも、質の高い生活を維持するための方法を提案。それでも治療が困難な場合であっても、決して最後まで諦めず、少しでも体の負担を減らせるような治療を行うというのがクリニックの方針です。

実際に、ブルークリニック青山が行っているのは、「水素・酵素栄養療法」、「点滴療法」、「総合ナチュラルホルモン療法」、「放射線ホルミシス療法」、「総合バイオロジカル療法」、「波動検査・治療」の6つの検査・治療です。高濃度ビタミンC点滴やインディバ深部温熱療法、足つぼマッサージ、水素ガス吸入療法など、害のない治療を複数組み合わせながら高い効果を導きます。

さらに、病気によって生じる不安をサポートするために、診療では患者との対話も重視し、体の負担だけでなく、心の負担も最小限にできるよう、取り組んでいます。

ブルークリニック青山の点滴療法メニュー

高濃度ビタミンC点滴料金

※税別

高濃度ビタミン点滴療法を受ける場合は、血管痛を和らげるミネラルやプラセンタを無料で併用してもらえるそうです。また、病状に応じて温熱療法や水素ガス吸入、足つぼ療法を格安料金で提供しています。

ブルークリニック青山の初診費用

36,720円(初診料・検査料・点滴料含む)※2017年11月電話でのリサーチによります。

約30種類もの治療法でがん治療をサポート

食事療法やサプリメント療法、点滴療法ほか、様々な補完医療を用意し、複数の治療を組み合わせながら少しでも副作用を減らし、質の高い生活を送れるようサポートします。治療によって、延命が叶った人や倒れる前日まで家族と通院できた方もいるそうです。

初期から末期がんまで、あらゆる段階に対応

初期がんには食事指導で免疫力を高め、末期がんに対してはできるだけ副作用のない治療で過ごせる方法を提案しています。患者のQOLを大切にするクリニックです。

院長の内藤医師は統合医療の権威

慶応義塾大学医学部卒業後、海外大学や総合病院の内科主任部長等を務めた後、東洋医学やインドのアーユルヴェーダ、最新の酵素栄養学を修得した内藤医師。日本東洋医学会認定漢方専門医の資格もあり、統合医療の知識においては日本トップレベルです。西洋医学の分野を修得し、さらに今注目されている統合医療にも精通する内藤医師は、まさに「鬼に金棒」の医師だと言えるでしょう。

ブルークリニック青山の口コミ評判

ブルークリニック青山の基本情報

住所:東京都港区赤坂8-5-32 田中駒ビルB1

アクセス:東京メトロ「青山一丁目駅」徒歩1分

診療時間:【火・水・金・土】10:00~18:30

点滴療法研究会所属:〇

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧