安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のク 
リニック一覧
TOP » がん治療における高濃度ビタミンC点滴クリニックの選び方

がん治療における高濃度ビタミンC点滴クリニックの選び方

点滴

このページでは、がん治療の一環に高濃度ビタミンC点滴を取り入れたい方に向けて、クリニック選びのポイントを解説しています。

がん治療で高濃度ビタミンC点滴を受けることとは

最近は、がんの標準治療である手術・抗がん剤・放射線治療だけでなく、補完医療や代替医療などの統合医療を取り入れた治療が注目されています。その中でも特に有力な治療法として脚光を浴びているのが、高濃度ビタミンC点滴療法です。

高濃度ビタミンC点滴は、抗酸化作用に優れており、がん細胞に対してのみ働きかけるため、つらい副作用に悩まされることなく、安心して受けられる治療法です。全米では20,000人の医師が実践しており、「副作用のない抗がん剤」とも呼ばれています。

日本国内でも高濃度ビタミンC点滴を行うクリニックは急増しており、「点滴療法研究会」の調べによると、2,000人を超える医師が高濃度ビタミンC点滴療法の治療を修得したそうです。これだけ多くの医師が取り入れているということは、日本においてもがん治療の選択肢の一つとして認知されたと言えるでしょう。

がん治療高濃度ビタミンC点滴クリニックの選び方

ただし、高濃度ビタミンC点滴療法を行うクリニックなら、どのクリニックでも良いわけではありません。高濃度ビタミンC点滴はアンチエイジングにも有効な治療法なので、美容皮膚科や美容外科でも導入しています。同じ治療法であっても目的が違うため、薬剤の量や頻度も異なります。がん治療を目的とするならば、やはり、がんの知識を持つ医師のもとで治療を受けるのがベストです。

さらに、下記で紹介する3つのポイントを重視してクリニックを選ぶことが、治療成功のカギとなります。

統合医療としてどのような治療を取り扱っているか

標準治療を並行し、点滴療法や免疫療法、漢方薬などを組み合わせてがんの縮小や完治を目指す治療を、統合医療と言います。

その統合医療の代表的な治療と言われる「点滴療法」を多く導入しているクリニックだと、豊富な選択肢の中から自分にベストの治療法を選ぶことができます。

がん治療に推奨されている点滴療法の種類とその特徴をまとめたので、是非参考にしてみてください。

高濃度ビタミンCを統合医療に取り入れている病院

渋谷塚田クリニック

東京都渋谷区にある渋谷塚田クリニックは、統合医療でがん治療を行っている専門クリニックです。「副作用がなく、なおかつ根治的」をモットーに、患者の自己免疫力を養い自らの力でがんと闘えるようにすることを目指して、栄養療法と点滴療法の二つを実践しています。

その内容は、栄養療法では食事やサプリメントの活用、点滴両方では高濃度ビタミンC点滴やグラチオン点滴、マイヤーズカクテル、プラセンタなどの点滴療法メニューが用意されています。

栄養療法では豊富な経験とノウハウに基づいてアドバイスを行うため、対症療法とは一線を画す根本的な体質改善を期待することができます。

赤坂腫瘍内科クリニック 

港区赤坂にある赤坂腫瘍内科クリニックは、患者の負担をできるだけ少なくすることを目的に、東洋医学を含めた様々な医学的アプローチをミックスさせた統合医療を行っています。

例えば、血液がんの進行阻止の可能性が論文でも発表された「高濃度ビタミンC点滴療法」や、最先端の医療装置、サーモトロン-RF8を使用した温熱療法の「ハイパーサーミア」、さらには、がんが嫌うといわれる酸素カプセルの導入もあります。

患者の症状や状態に合わせて様々な手法を提案できるのが、赤坂腫瘍内科クリニックの統合医療の特徴といえるでしょう。なお、温熱療法でがんの再発と発症防止を目指すハイパーサーミアは、副作用が少ない上に健康保険が適応される治療法です。

がん診断、治療に何年関わっている医師がいるか

医者

高濃度ビタミンC点滴療法は、標準治療と組み合わせて行うことで高い効果が期待できるとも言われています。患者が行っている標準治療の内容に合わせて治療を検討する必要もありますし、総合的な視点で治療を選択しなければなりません。

そのため、医師ががん治療にどの程度関わってきたのか、ということは大変重要なポイントとなります。

30年以上のがん治療経験を持つ医師

ここからは、30年以上の長きに渡ってがん治療に携わってきたベテラン医師を紹介していきます。

阿部博幸理事長(アベ腫瘍内科クリニック) 
【所属学会】 【取得資格】

阿部博幸氏は、副作用が少なく効果が高い医療技術の研究開発に取り組むかたわら、国内外の学会で積極的に研究発表も行っているベテラン医師です。

循環器の基礎治療技術を日本に広めた人物として知られ、著作は多数刊行、メディア掲載も豊富、米国生命研究所からは「がんの治療と予防への多大な貢献」に対して表彰されるなど、各方面で高い評価を受けています。

また、患者目線の医療を行うことを大事にし、「自分の関わった技術を使って助かる命があることが、何よりも嬉しい」とコメントしています。

塚田博院長(渋谷塚田クリニック)  
【所属学会】 【取得資格】

渋谷塚田クリニックで院長を務める塚田博氏は、群馬県高崎市出身の放射線科専門医です。内科医でもあり、数多くの臨床の場に携わってきた実績があります。

大きな特徴は「魂の成長に貢献できる医療」であり、場当たり的に心身を癒すのではなく、恒久的な安心が得られるよう魂そのものを強く成長させることを目指している医者です。

その中で早くから対症療法ではない統合医療に着目し、2008年5月には東京渋谷区・桜丘町に「渋谷塚田クリニック」を開設し、「栄養療法」「高濃度ビタミンC点滴」「音響療法」の3つを融合させた先進的な統合医療を実践しています。

クリニックの治療方針に共感できるか

がん治療の一環として高濃度ビタミンC点滴を取り入れているクリニックの間でも、治療方針は異なります。高濃度ビタミンC点滴だけでなく、食事療法や栄養療法、メンタルのアプローチまで含めた治療を行っているかどうかが重要です。

長く安心して通うためにも、治療方針に同調できるクリニックを選びましょう。

「患者に寄り添った治療」を大切にしているクリニック

従来の医療技術を踏襲しつつ、患者にさらに寄り添う治療を大切にしているクリニックがあります。そのうちの2つを紹介しましょう。

健康増進クリニック 

健康増進クリニックの治療方針は、患者一人一人に合った最善かつ最適の医療を施すことです。あくまでも患者の病気を治し元気にすることを目標に、個別に症状を診断して把握することはもちろん、患者の価値観や人生観、死生観も尊重したうえで、ふさわしい治療の選択を行っています。

精神面では「Never give up」をモットーに決して諦めない姿勢を堅持する一方、治療面では、特定の手法を過信したり偏ることなく、症状に合わせて適切な治療法を選びます。基本は標準治療ですが、状況に応じて先進医療や補完医療も組み合わせ、さらには従来の西洋医療、最先端の医療、点滴療法など、様々な手法をミックスさせながら患者一人一人にマッチするオーダーメイドの医療を提供できるのが、健康増進クリニックの特徴です。

三番町ごきげんクリニック 

三番町ごきげんクリニックでは、病気や症状を一括りにするのではなく、患者一人一人の状態を個別に診断して把握し、その人に合う最適な医療を提供することを治療方針にしています。病気や症状は似ていても、それを抱える患者の体質は一人一人違いがある状況を踏まえ、その人の体に合った療法を提供することが大切だと考えているのです。

当院で行われているアンチエイジングプログラムのソリューション、「点滴療法」「栄養指導」「運動指導」の3つの組み合わせは、まさに最適な個別化治療を象徴するものです。
特に点滴療法は選択肢が多彩で、超高濃度ビタミンC点滴をはじめ、キレーション療法、グルタチオン点滴、H2O2点滴療法など、複数の療法があります。

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧