安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のク 
リニック一覧
TOP » がん治療における高濃度ビタミンC点滴クリニックの選び方 » がん診断、治療に何年関わっている医師がいるか

がん診断、治療に何年関わっている医師がいるか

高濃度ビタミンC点滴療法をがん治療として取り入れたい方に向けて、クリニック選びのポイントを解説。ここでは、治療を行う医師の実績に着目し、良いクリニックの条件をまとめました。

医師の実績では「がんとの関わり」に着目すべき

高濃度ビタミンC点滴療法やオゾン療法など、統合医療を行うクリニックは色々ありますが、クリニック選びで重要となるのが医師の経歴です。がんと関わった期間はどれくらいなのか、治療で関わったのか、研究のみ関わったのか、どんな医療施設に在籍指定のかなど、経歴を見ることである程度は医師の専門性の高さや、実力が見えてくるからです。

できれば標準治療に関わった経験があり、その上で統合医療を実践している医師がベスト。標準治療と補完治療のどちらの重要性も分かっているため、偏りがなく、総合的な視点で最善の治療を提案できるという強みがあります。なかには、「標準治療は排除して漢方だけで治療を行う」とか、「標準治療に影響するからサプリは飲ませない」など、患者の言い分を排除した治療を行うクリニックもあります。

標準療法も補完療法も、どちらも一長一短ありますから、患者の病状やライフスタイルを踏まえた上で、最善の治療法を選ぶのが理想です。納得した上で治療に臨むためにも、がん治療に長年携わり、さまざまな患者を見てきた医師を選んでください。また、がんだけを見るのではなく、患者を一人の人間としてとらえ、心のサポートも含めたケアを大切にするクリニックを選びましょう。

クリニック(医師)のがん診察歴を比較

例えば、このサイトで紹介しているクリニックの中で、がん治療の実績と経験があるのは以下の医師です。

健康増進クリニック 水上 治医師

がん診察歴40年
がんの臨床試験、情報量は国内トップクラスと言われており、「がんよろず相談医」として活躍。研究会や学会では重要なポストを任されています。治療では標準治療をベースに、先進医療や補完医療を取り入れ、バランスの良い治療を提案するスタイルです。

渋谷塚田クリニック 塚田 博医師

がん診察歴30年
内科・放射線科専門医として全身のがんに関わり、全人的ながん治療を提供。多くのがん患者を診察した経験に基づき、各種検査結果の解説から、栄養療法などの根本改善、各種治療の提案まで、あらゆるアドバイスを行っています。

アベ腫瘍内科クリニック 阿部 博幸医師

がん診察歴30年 
1988年の開院以来、がんの統合医療や免疫細胞治療の第一人者として活躍しているスペシャリスト。免疫療法、手術、化学療法、放射線治療を治療のベースと考え、遺伝子レベルでの診断を取り入れながら、根本的な治療を実践しています。

三番町ごきげんクリニック 澤登 雅一医師

がん診察歴25年
専門とする血液内科で白血病や悪性リンパ腫などの臨床を10年以上経験。クリニックを開設後は、抗ガン作用ペプチドを利用した最先端治療「アンチネオプラストン療法」を国内で初導入するなど、最先端医療の情報収集や実現に力を入れています。

ソフィアイーストクリニック 尾﨑 道郎医師

がん診察歴10年以上
日本麻酔科学会麻酔科指導医の資格をいかし、全身のがん治療に尽力。がん研究有明病院で勤務するほか、末期がん治療や難治性疾患の治療にも10年以上携わっています。

銀座東京クリニック 福田 一典医師

がん診察歴22年
国立がんセンター研究所 がん予防研究部の室長として、がん予防の仕組みや漢方薬を用いたがん予防の研究を行ってきました。自院では、個々の患者さんに一番合う「体に優しいがん治療」を提供しています。

全身のがんに精通する医師がベスト

がんという病気は、全身のさまざまな場所で発症します。そのため、全身のがんを診られるかどうかも重要なポイントとなるでしょう。そうした意味では、放射線治療やがん予防の研究経験がある医師がおすすめです。全身を診ることのできる医師であれば、がんの種類や症状、患者のライフスタイルを踏まえた上で、バランスの良い治療法を提案してくれるはずです。高濃度ビタミンC点滴のクリニックを探す際の、ひとつの指針にしてみてはいかがでしょうか。

がん患者のQOLを高めるためのクリニックを選びました。

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧