安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のク 
リニック一覧
TOP » 【特集】がんと高濃度ビタミンC点滴 » まずは3ヶ月続けて効果を確認

まずは3ヶ月続けて効果を確認

がん治療やQOLの改善を目的に高濃度ビタミンC点滴を行う場合、どのくらいの期間で効果が実感できるのでしょうか。高濃度ビタミンC点滴の治療期間についてまとめました。

3ヶ月をワンクールとして調整

がん治療やQOLの改善目的で高濃度ビタミンC点滴を受ける場合には、推奨されている治療頻度と治療期間があります。最初は12.5g、次回は25g、50g…と、段階的に投与量を増やしていきます。治療開始直後は週に2~3回の投与、進行がんの場合は週3回以上が望ましいと言われています。このペースでまずは3ヶ月続けます。そして、血液検査や問診によって点滴の効果を判断するのが一般的な流れです。

多くの方がQOLの改善を実感

実は、3ヶ月間いう短い期間では「がんが消滅する」といった劇的な改善は現れません。高濃度ビタミンC点滴は、半年、1年と長く続けることで効果が見えてくると言われています。しかし、治療を始めてから「食欲が出てきた」「だるさが解消された」「痛みが和らいだ」など、QOLの改善を実感している方が多く、治療前に比べて明らかに苦痛が軽減されるケースも少なくありません。なお、「表情が明るくなった」「声の張りが違う」など、患者の家族や周囲の人たちが感じる変化は、もっと前から現れることが多いと言われています。このように、高濃度ビタミンC点滴は症状の軽減やQOLの向上が期待できるため、生存期間を延長させることも可能だと言われています。まずは3ヶ月続けて、身体が楽になるなどの効果が実感できれば、続ける価値があるでしょう。

QOLの改善は研究でも明かに

「点滴療法研究会」が行った調査によると、がん患者に高濃度ビタミンC点滴を4週間投与した結果、治療を受けた60%の方に「疲労感、痛み、不眠、食欲不振、便秘などの自覚症状が改善され、さらに、感情や認識、社会機能、経済的影響のスコアの改善が見られた」と、発表されています。痛みや不快感に悩まされるがん患者や、サポートをする家族にとっても、非常に希望が持てる治療法だと言えるのではないでしょうか。

ただし、高濃度ビタミンC点滴をすれば、誰でも効果が現れるわけではありません。どんな医療でも言えることですが、誰に対しても万能な治療というのは存在しないため、効果が得られない可能性があることも頭に入れておきましょう。

がん患者のQOLを高めるためのクリニックを選びました。

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧