安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のク 
リニック一覧
TOP » 【特集】がんと高濃度ビタミンC点滴 » がん予防と高濃度ビタミンC点滴

がん予防と高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴は抗酸化作用が高く免疫力を上げる

ビタミンCは免疫システムを刺激し、免疫力を高める作用も持っています。実際に行われた調査でも、「ビタミンCの濃度が400mg/dlを超えるとがん細胞の生存率は急速に低下する」ことが明らかになっています。しかし、この400mg/dlのビタミンCは、食べ物やサプリメントの摂取では到達することができない濃度です。そのため、高濃度ビタミンC点滴が行われています。

そして、高濃度ビタミンC点滴は、「強力な抗酸化力」を持つビタミンCを点滴によって直接体内に投与する治療です。ビタミンCが持つ抗酸化作用は、正常な細胞を傷つけることなく、がん細胞だけを攻撃できるため、「副作用のない抗がん剤」とも言われています。また、すでにがん化した細胞だけでなく、がんの予防にも優れた効果を発揮するため、がん予防法としても注目されている治療法です。

では、なぜ高濃度ビタミンCががん予防に効果的なのでしょうか。それは、ビタミンCががんを兵糧攻めにする働きに隠されています。ビタミンCには、がん細胞が新生血管を作るのを抑える働きがあります。新生血管が作られてしまうと、酵素や栄養ががん細胞に運ばれてしまうため、がんの増殖を引き起こします。その新生血管を作らせない働きがあるため、がん化の予防が期待できるのです。

がん予防だけでなく日常の生活レベルが向上

自身の健康維持のために高濃度ビタミンC点滴を活用する医師も少なくありません。現に、点滴療法研究会会長の柳澤医師も、25gの点滴を月2回ほど行っているそう。抗酸化作用があるので、がん予防だけでなくアンチエイジングの意味もあるそうです。

そのほか、がんを患った医師の中には、がん患者だけでなく、その家族にもがん予防のために高濃度ビタミンC点滴をした方が良いと提言する方もいるほどです。医師自身が取り入れ、積極的に勧める医療方法ですので、安心して受けることができますよね。

がん患者のQOLを高めるためのクリニックを選びました。

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧