安心して高濃度ビタミンC点滴が受けられるクリニックを厳選!

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のク 
リニック一覧
TOP » 【特集】がんと高濃度ビタミンC点滴 » 末期がんと高濃度ビタミンC点滴

末期がんと高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴が末期がんに与える影響

高濃度ビタミンCは、がん予防から初期がん、末期がんまであらゆる状況に対応できる治療法です。抗がん剤や放射線治療のように辛い副作用に悩まされることもないため、QOLを高める目的で高濃度ビタミンC点滴を受けられる方が多くいます。また、病状が進行し、標準治療が無効となった場合に、最後の頼みとして点滴を受ける方もいます。このように、末期がんの方にも多く選ばれている治療法です。

がんが進行しているときには活性酸素が増加して炎症が進んでしまいます。そのため、ビタミンCはどんどん消費されていき、病状が悪化するスパイラルに陥ってしまいます。ですから、高濃度ビタミンC点滴によって大量のビタミンCを体内に送り込むことは必要不可欠です。高濃度ビタミンC点滴は連続で受けても副作用の心配が少ないため、カナダの医療機関では週5日間連続で受けていた方の症例も報告されています。

標準治療が無効と診断後、改善された例も

実際に、日本国内でも高濃度ビタミンC点滴を受けた結果、末期がんから生還を果たしたという例があります。渋谷塚田クリニックの院長・柳澤医師のブログで紹介されていた例では、40歳男性・ステージ4の肺がんを患っていた方が高濃度ビタミンC点滴を行い、奇跡的な回復を遂げています。

病院を訪れたときにはステージ4を告げられて4ヶ月経過していたそうですが、治療を受けたところ、原発や転移の腫瘍の縮小が認められたのだそうです。

通常ここまで症状が進行してしまうと、標準治療という選択肢がとれません。たとえ抗がん剤治療を受けることができたとしても、1年経過後の生存率は50%と言われているのが現状です。

副作用に苦しむことなく、がんを克服したこの男性は、まさに奇跡と言えるでしょう。

もちろん、すべての方に有効ではなく、効果の現れ方には個人差がありますが、標準治療の医師が匙を投げてしまっても、諦めずに治療を続けることで病気を克服できる可能性もあるのです。

がん患者のQOLを高めるためのクリニックを選びました。

がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧がん患者のための高濃度ビタミンC点滴治療ができるおすすめクリニック 東京のクリニック一覧